2010年06月07日

奈良・脇本遺跡 6世紀後半の大型建物跡見つかる(毎日新聞)

 奈良県桜井市の脇本遺跡で、6世紀後半の大型建物跡の一部が見つかり、県立橿原考古学研究所が3日発表した。柱が太いことなどから、橿考研は欽明天皇(6世紀)の宮に関連する高層建物の可能性もあるとみている。同遺跡は、古墳時代に複数の天皇の宮があったとされ、過去の発掘調査でも5〜7世紀の大型建物跡数棟が見つかっている。専門家は「伊勢街道を監視する物見やぐらかもしれない」と話している。

 調査は昨年4月〜今年3月、約1008平方メートルで実施し、六つの柱穴が見つかった。建物跡の一部とみられ、東西7・3メートル、南北5・6メートル、南側は調査区域よりさらに延びる。建物は6世紀末〜7世紀初めに建て替えられ、最初の建物の柱の直径は約38センチ、建て替え時の直径は48〜58センチ。いずれも同時代では非常に太く、新旧とも同じ構造とみられる。

 脇本遺跡がある桜井市東部の「磯城(しき)・磐余(いわれ)」と呼ばれる地域には、欽明天皇を含む天皇の宮があったとされる。建て替え時期は、推古天皇が宮を「磯城・磐余」から飛鳥(奈良県明日香村)に移した時期で、橿考研は「この建物は、宮が飛鳥に移った後も、継続利用するために建て替えた」とみている。

 現場は既に埋め戻され、橿考研付属博物館(橿原市畝傍町)で5〜20日、パネル展示がある。【高島博之】

【関連ニュース】
キトラ古墳:四神の壁画、幼稚園児らに公開 奈良
文化庁:高松塚とキトラ古墳保存へ検討会 東京で初会合
高松塚古墳:「飛鳥美人」など公開
平城宮跡:1300人の天平行列 色鮮やかな衣装まとい
織田信長:邸宅跡地で蒸し風呂の遺構見つかる 客を歓待?

【from Editor】黄砂アレルギー(産経新聞)
<山岳遭難>千葉県浦安市の男性と連絡取れず 北アルプス(毎日新聞)
<流しそうめん>2500メートル、ギネス挑戦 御嵩で住民ら、竹製レール作り(毎日新聞)
衆院は菅氏を首相指名 社民は福島氏に投票(産経新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
posted by イワモト シュウジ at 17:33| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

<代替フロン>中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)

 二酸化炭素(CO2)より強い温室効果を持つ代替フロン類について、中国から大量に排出されていることが横内陽子・国立環境研究所室長やノルウェー大気研究所の分析で分かった。中には世界の排出量の約7割を占める気体もあった。中国は世界一のCO2排出国になったばかりだが、他の温室効果ガスについても削減対策が迫られそうだ。

 エアコン冷媒などに使われてきたオゾン層の破壊物質「特定フロン」はモントリオール議定書に基づき大幅に削減された。一方で、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)類やハイドロフルオロカーボン(HFC)類への代替が進み、大気中濃度が上昇しているが、詳しい排出実態は不明だった。

 研究チームは日中韓の4地点で代替フロン類の濃度変化を観測するとともに、既存の排出データなどを含め東アジアでの08年排出量を推定した。

 その結果、CO2の1万4800倍の温室効果がある「HFC23」は中国が世界全体の排出量の51.7%を占めることが分かった。また、半導体生産などに伴って排出されるパーフルオロカーボン(PFC)類で約1万倍の温室効果を持つ「PFC318」は70.3%だった。他の大半の代替フロン類も中国由来が世界の2〜4割、東アジアの5〜9割を占めた。

 HFCやPFCは、温暖化防止のための京都議定書で規制対象になっているが、途上国に分類される中国には削減義務が課せられていない。【江口一】

【関連ニュース】
電動自転車:CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市
温室ガス:削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
温室効果ガス:削減目標達成しても2割増−−独研究チーム試算
CO2排出量:京都議定書初年度、41業種4割で増加

<特別民間法人>天下り横行 常勤役員130人の半数占める(毎日新聞)
校長「回復祈ろう」保護者ら登校付き添い 大阪・小2刺傷(産経新聞)
非常勤講師がリポート代行=有料、HP上で募る―桃山学院大(時事通信)
政府・民主マニフェスト意見交換会 消費税、溝くっきり(産経新聞)
「全日空商事」元社員ら、9千万円の詐欺で逮捕へ 架空業務発注(産経新聞)
posted by イワモト シュウジ at 14:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺(産経新聞)

 12日午前1時35分ごろ、京都府長岡京市開田の路上で「けんかをしているようだ。男が倒れた男性をけっている」と近所の住民から110番があった。京都府警向日町署員が現場に駆けつけたところ、男女2人が血を流して倒れているのを発見。2人は、刃物で刺されており、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 府警は殺人事件として捜査していたところ、兵庫県警機動捜査隊が同日午前11時ごろ、同県西宮市内で手配されていた車両を発見、逃走したとみられる男の身柄を確保したという。府警によると、男は夫婦を刺したことをほのめかしており、殺人容疑で事情を聴く。 

 殺害されたのは、長岡京市高台のタクシー運転手、矢本吉男さん(65)と妻の無職、朔恵さん(65)。矢本さんは腹付近、朔恵さんは背中付近をそれぞれ複数、刃物で刺されていた。

 男は、夫婦の親類とみられ、夫婦の発見直前まで、一緒に、現場から東へ約60メートル離れた居酒屋で飲食していたという。

 夫婦と男が店を出た午前1時15分ごろ、近所の住民が、路上で言い争っている声や、現場から逃走する白っぽい服を着た男の姿を目撃。府警は男が店を出た直後、2人を刺して逃走したとみており、トラブルの有無や詳しい当時の状況について調べている。

 現場は、長岡京市役所の近くで、飲食店や雑居ビルが立ち並ぶ一角。 

【関連記事】
直前まで居酒屋で口論、悲鳴 京都・長岡京の夫婦刺殺
65歳夫婦刺され死亡 京都・長岡京、口論の中年男逃走
無関心さが原因か 不満妻、夫刺す「食事にも誘ってくれない」
「付き合うの許せん」父が娘の交際相手刺殺
物取り?怨恨? 見えぬ「動機」 東京・太田の資産家女性殺害

子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
<富士山>青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
熱のこもった演奏 アマバンドが披露 木場ストック2010(産経新聞)
<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)
posted by イワモト シュウジ at 05:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。