2010年05月20日

<代替フロン>中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)

 二酸化炭素(CO2)より強い温室効果を持つ代替フロン類について、中国から大量に排出されていることが横内陽子・国立環境研究所室長やノルウェー大気研究所の分析で分かった。中には世界の排出量の約7割を占める気体もあった。中国は世界一のCO2排出国になったばかりだが、他の温室効果ガスについても削減対策が迫られそうだ。

 エアコン冷媒などに使われてきたオゾン層の破壊物質「特定フロン」はモントリオール議定書に基づき大幅に削減された。一方で、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)類やハイドロフルオロカーボン(HFC)類への代替が進み、大気中濃度が上昇しているが、詳しい排出実態は不明だった。

 研究チームは日中韓の4地点で代替フロン類の濃度変化を観測するとともに、既存の排出データなどを含め東アジアでの08年排出量を推定した。

 その結果、CO2の1万4800倍の温室効果がある「HFC23」は中国が世界全体の排出量の51.7%を占めることが分かった。また、半導体生産などに伴って排出されるパーフルオロカーボン(PFC)類で約1万倍の温室効果を持つ「PFC318」は70.3%だった。他の大半の代替フロン類も中国由来が世界の2〜4割、東アジアの5〜9割を占めた。

 HFCやPFCは、温暖化防止のための京都議定書で規制対象になっているが、途上国に分類される中国には削減義務が課せられていない。【江口一】

【関連ニュース】
電動自転車:CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市
温室ガス:削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
温室効果ガス:削減目標達成しても2割増−−独研究チーム試算
CO2排出量:京都議定書初年度、41業種4割で増加

<特別民間法人>天下り横行 常勤役員130人の半数占める(毎日新聞)
校長「回復祈ろう」保護者ら登校付き添い 大阪・小2刺傷(産経新聞)
非常勤講師がリポート代行=有料、HP上で募る―桃山学院大(時事通信)
政府・民主マニフェスト意見交換会 消費税、溝くっきり(産経新聞)
「全日空商事」元社員ら、9千万円の詐欺で逮捕へ 架空業務発注(産経新聞)
posted by イワモト シュウジ at 14:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。