2010年02月09日

小沢氏進退発言「やっと言った」=自民参院幹事長(時事通信)

 自民党の谷川秀善参院幹事長は2日午後の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長が政治資金規正法違反事件で刑事責任を問われた場合の進退に言及したことについて「(元)秘書が捕まった時点で言及する必要がある。やっと言い出したという感じだ。非常に恥ずかしい」と批判した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加−内閣府調査(時事通信)
救急救命士がぜんそく患者への吸入など実施へ―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
海外向けに民放作品放送=NHKワールドTV(時事通信)
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」(産経新聞)
天皇陛下、ノロウイルスに感染…経路は不明(読売新聞)
posted by イワモト シュウジ at 06:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。