2010年04月24日

首相が五輪入賞者を官邸に招く 難局にねぎらいのコメントも自嘲気味(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日、バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子銀メダルの浅田真央(19)、同男子銅メダルの高橋大輔(24)の両選手ら入賞者ら62人を官邸に招き、記念品の写真立てを贈呈して健闘をねぎらった。

 首相は、指導力不足が指摘されている自らの境遇を思ってか、「あなた方が活躍している時だけが…、『時だけが』なんて言ってはいけないが、日本が1つになっている」と自嘲(じちょう)気味に語る場面もあった。

【関連記事】
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も
民主・小沢幹事長vs前原国交相 高速道路の新上限制で全面対決
首相官邸に不審物 乾電池とモーター入り封筒送りつける
首相不起訴の是非 検審、月内にも議決
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
初日はJICAなど9独法=仕分け第2弾23日にスタート(時事通信)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
ハノイ貿易大 日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)
posted by イワモト シュウジ at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。